Archive | 6月, 2010

Yokes’ Sharing on “Prayer”

25 6月

食事の写真がなくてすみません。今日のご飯プロデューサーは、OBATAさん、SAYURIさん、AKKOさんで、おいしいパスタやラザーニャとかサラダ等ありました。とってもとってもおいしかったです!:)Sorry we have no pictures for the wonderful food… Hiroko, Sayuri and Akiko cooked great pasta, lasagna, salad dish for us!

久しぶりのゲームはフルーツバスケットで、すごく盛り上がりました。とても激しい感じで椅子を取り合うやつだけど、怪我人も出ずよかったです。w ホント、よかった♪ We played fruits basket for our game time. The game became pretty heated. Thankfully we didn’t have any injuries 🙂

そしてworshipはYoshinoでした。Yoshino led the worship.

以下、メッセージの概要です。ヨークスこと、ヨーコさんより『お祈りについて』お話がありました。Below is a summary of the message by Yoko. She shared on “Prayer.”

仏教とかクリスチャンじゃない人の信じる神様や、神々は、生きていないので祈っても一方通行で返答はありません。では、健康を祈ってます、と日本人はよく言いますが、それは祈りなのか?そうではありません。祈りというのは生きている神様と話しが出来るということ、つまり、聞くと返答がのが祈りであって、一方通行で終わりではないのです。The gods that Buddhists or non-Christians pray to, do not respond to us. Japanese often say “I’m praying for your health,” but is that a real prayer? The answer is “No.” Prayer is to talk to a living God, and this living God really answers our prayers. Christian’s prayer is not a one-way communication but it is a two-way communication between them and God.

クリスチャンの祈りが一方通行ではないということの例として、聖書の話の中で、トーマスはイエス様が十字架に死んで蘇ったという話をを聞いて「俺は自分のこの目で見るまで信じないぞ!」と言いましたが、神様はそのトーマスの考えをご存知で、蘇ったことをトーマスに見せて下さりました。イエス様は「見えないで信じれた方がもっといいんだよ。」と言いましたが、結局求めれば、神様はそうやって答えて下さる方なのです。As an example of prayer being two-way communication, Yoko gave us the example of Thomas in the Bible. Thomas said he would not believe unless he saw Jesus with his own eyes that Jesus truly resurrected from the dead. God knew what Thomas was thinking and he showed himself to Thomas so that he can believe. Jesus says “It is better if you believe without seeing,” but at the same time, He did still respond to Thomas’ sincere request.

別の祈りの答えの例として、これも同じく聖書からですが、エリヤは3年間雨が降らなかったので、雨が降るように、雲一つない空を見ては雨ごいをしました。7回それを続けてやっと雨が降りました。なので、神様に祈っても何事もおこらず、静かであるような時がありますが、神様は私たちと関係を持つということを大事にされているのです。Another example of an answer to prayer is again from the Bible. Elijah asked or rain since it did not rain or 3 years. Elijah had to ask for the rain 7 times before God answered. Sometimes even when we pray, nothing happens and it seems like God is remaining silent. However, God really values the time we spend with Him in prayers.

それでは、祈りが答えられた後にどうすれば良いのでしょう? まず、最初に祈りの答えが本当に神様からであるかを見極めることが大事です。例として、ようこさんが、昔日本に居た頃に 2〜3人に結婚を申し込まれたそうです。そしてその人たちが口をそろえて「神様が君と結婚しろ、と言っている」と言いました。でも、その人達だけにではなく、神様はようこさんにその心を与えていなかったので、それは本当に神様の答えではなかったのです。Then, what do we do when God really answers our prayers? First we need to see if that answer is truly from God. For example, Yoko shared how one time she was proposed by 2, 3 men in Japan to marry them. Each of them said that they sensed God saying to them that they should marry her. However, it is clear that that was not really God’s answer because God did not speak to Yoko that she should get married to any of them.

また、たまに祈って答えられたと思っても自分が聞きたいと思っていた答えとは違う答えが返ってきてたりします。例えば、崖っぷちで手の指だけでつかまっていて、神様助けて〜〜!あなたは何でも出来るから〜!!と祈って 答えが、「それではその手を話しなさい」 だとしても、私たちは神様に信じて、その通りにしなくてはなりません。Sometimes the answer we hear from God is not what we want to hear, but once we know that it is truly God’s answer, we have to believe and act on what God says to us. For example, if you asked God to help you when you were about to fall from a steep cliff, and only your grip on the tip of the cliff is keeping you from falling, even if God’s answer was to take those hands off the cliff, you still have to obey.


Toni’s Sharing

18 6月

Graduation Nite

11 6月

今日も、Good Shepherd Churchの皆さんが、お食事を用意してくれました!いつも美味しい食事をどうもありがとうございます!Our friends from Good Shepherd Church prepared awesome Korean food again! Thank you so much, Good Shepherd Church!



今年卒業の人たちに、インタビュー! 今日、ゲストスピーカーのMarikoさんも明日、卒業式に出席されます。Interviewing people graduating this year! Mariko who is our guest speaker today is graduating tomorrow too.



Marikoさんが卒業をテーマにお話してくださいました。 人生をペルシャ絨毯の機織りに例えて話されたのが印象的でした。ペルシャ絨毯は長い期間かけて、手織りで完成されていきますが、途中で糸が切れたり、うまくいかなかったりすることがあります。その時点でもう一度、構図を変えて作成していきます。絨毯は機織り機の上面側から見ると、あまり綺麗に見えませんが、出来上がってみて、反対側に返してみると、実はその側こそが表で、それは何とも言えず美しい絵柄になっているのです。また、先ほど糸が切れて、新たに構図を作らなくてはならなかった箇所こそが、味のある絵柄に仕上がっており、手織りのペルシャ絨毯は世の中に唯一の他にはない絨毯に仕上がるのです。私たちを絨毯に例えれば神様は機織りの名職人です。人生、失敗に思えたことも神様によって変えられていくのです。Mariko shared on the topic, “graduation.”   She shared on many things that are related to graduation, but one of the main points that she shared was how God can make good of what we thought was a failure in our lives.  One of the illustration she used was how the Persian carpets are woven.  When the Persian carpets are woven by hand, sometimes some of the strings snatch in the process, and at that point the weaver has to redo the original plan and change the pattern of the carpet.   However in the end, those parts that the strings snatched and had to have the patterns changed makes that carpet beautiful and unique, a carpet that cannot be found anywhere else in the world.  If God is the Master Weaver, we are like the carpet in His hands.   Even the things that we feel is a mistake, can be changed for His good.